シボヘール 飲み方

「シボヘールのおすすめの飲み方はある?」
「シボヘールはどのタイミングで飲めばいいの?」
このような疑問をお持ちではありませんか?

 

シボヘールは、内臓脂肪の燃焼と分解をサポートできるダイエットサプリですが、飲み方を間違えると効果が現れない可能性があります。

 

そこで、当ページではシボヘールの飲み方について解説しています。

 

1日に飲む量や回数や飲むタイミングはもちろん、効果的な飲み方や他のダイエットサプリと併用する飲み方についてもご紹介しているので、シボヘールをこれから飲む方や既に飲んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

シボヘールの正しい飲み方

シボヘールは飲むことでダイエットのサポートをしてくれるサプリメントです。
そのため、毎日飲むことが大切です。

 

しかし、ただ飲めばいいわけではありません。
分量や飲み合わせなど、気を付ける事があります。

 

シボヘールの効果を実感するためにも、正しい飲み方を確認しましょう。

 

シボヘールは1日1回・4錠を飲む!

シボヘールは1日1回・4錠飲むことを指定されています。
これは、シボヘールを試験する際、「この量なら効果が期待でき、かつ安全である」という結論の基、決められた分量です。

 

そのため、自分の判断で飲む量を変えてはいけません。
分量が変わることで効果が期待できないだけではなく、安全性も保障できなくなってしまいます。

 

分量は、試験によって決められた「もっとも効果が期待できる量」です。
効果が実感できないからといて飲む量を増やしても、効果が上がるわけではないのです。

 

また、一度に4錠は多いからといって、複数回に分けるのもよくありません。
1回・4錠を想定されていますので、複数回に分けることでも効果が期待できなくなります。

 

シボヘールは飲みすぎることで一過性の下痢になる危険があります。
指定された分量の範囲でなら下痢の心配はありませんので、必ず用法容量を守るようにしましょう。

 

飲むタイミングはいつでもOK

シボヘールには用法容量が指定されていますが、飲むタイミングは特に指定はされてはいません。

 

一応、ダイエットサポートサプリメントですので朝飲んだ方が良いですが、効果は長続きしますのでいつ飲んでも大丈夫です。

 

ダイエット効果を実感するためには、1日1回・4錠の用法容量を守ることが大切です。
見やすく場所に置いておき、忘れないように飲むタイミングを習慣化させましょう。

 

牛乳やジュースはダメ!飲む時は水かぬるま湯で

シボヘールと飲み合わせする飲み物は、必ず水かぬるま湯を使用するようにしてください。
理由は、飲み物の成分によってシボヘールの効果を阻害してしまう可能性があるからです。

 

例えば牛乳の場合、含まれる成分によって胃に粘膜を貼ってしまい、シボヘールの吸収を阻害してしまいます。

 

また、ジュースもよくありません。
ジュースにはビタミンやミネラルが含まれていますが、それらの成分がシボヘールの成分と相性が悪い可能性があり、結果としてシボヘールの効果が弱まってしまう可能性があるのです。

 

炭酸水や野菜ジュースなど、ジュースは様々でありそれぞれ成分も違いますが、どれが相性が悪いかはわかりません。
シボヘールの効果を確実にするためにも、ジュースでシボヘールを飲むのはやめましょう。

 

シボヘールは錠剤です。薬と同様に飲みにくいと感じることもあるでしょう。
ですが、手ごろな飲み物で流し込まず、効果の妨げにならない水かぬるま湯で飲むようにしてください。

 

シボヘールの効果的な飲み方

シボヘールは、1日1回・4錠の指定はありますが、それ以外の指定は特にはありません。
飲み合わせに注意などはありますが、用法容量さえ守れば細かい指定はないのです。

 

ですが、効率的な飲み方はあります。
飲むタイミングや運動の仕方によって、よりダイエット効果をサポートできます。
ではここから、効果的な飲み方について確認しましょう。

 

おすすめのタイミングは朝食後30分以内

シボヘールには飲むタイミングの指定がありません。そのため、いつ飲んでも構わないのです。
ですが、食後30分以内に飲むことでよりシボヘールの効果があるといわれています。

 

というのも、食後に飲むことで、食べ物を吸収するのと一緒にシボヘールも吸収されるからです。
これはシボヘールに限らず、すべてのサプリメントに言えることです。

 

また、朝は新陳代謝が高まりやすい時間でもあります。
新陳代謝が高まることで脂肪が消費されますので、シボヘールを摂取することでより脂肪を燃焼しやすくします。

 

以上のことからシボヘールは食後30分以内がおすすめなのです。

 

適度な運動・食事にも気を付けよう!

シボヘールはダイエットサポートサプリです。
葛の葉由来のイソフラボンが脂肪の燃焼をサポートしますが、飲むだけで痩せられるわけではありません。
脂肪を燃焼しやすい環境、つまりは適度な運動やバランスの良い食生活をした上でシボヘールを飲むことにより、さらに効果が発揮されやすいのです。

 

中でも、もっとも効率が良いのは運動をすることです。
脂肪燃焼を意識した運動を行えば、早い段階で効果が実感できるでしょう。

 

ですが、痩せるためには毎日運動する必要があります。
途中で投げ出さないためにも、毎日行うことを考えた、簡単な運動でなければなりません。

 

その方法の一つが、「日常生活を運動にする」ことです。
移動は早歩き、エレベーターの代わりに階段の使用、早起きして駅一つ分歩くなど、日常生活を送るだけで運動できるようにします。

 

これなら毎日していることですので、運動を習慣化できます。
じっとしている時間をなくし、少しでも体を動かすようにしましょう。

 

他にも、ストレッチなどがおすすめです。
家の中で簡単にできますので、適度な運動が朝の目覚めにちょうどいいです。

 

ストレッチ以外ならスクワット10回、腹筋10回などの簡単な運動でもいいでしょう。
姿勢を正し続けるだけでも結構な負担になるので、是非日常生活に取り入れてみてください。

 

次に食生活の改善です。
いくらシボヘールを飲んでいても、カロリーが多い食事では一向に痩せられません。

 

そのため、油物や炭水化物を控えた食生活を意識しましょう。
同時に栄養バランスも考え、健康的な体を維持するよう心がけてください。

 

健康的な体を維持することで、脂肪を燃焼させる新陳代謝も活発になります。

 

以上の様に、シボヘールは飲むだけではなく、運動や食事にも気を付けることで効果が期待できるようになります。
毎日の運動や食生活を意識して効率的に痩せましょう。

 

他のダイエットサプリと併用してもいい?

シボヘール以外にもダイエットサプリメントは存在しています。
それを見た人は「両方飲めば両方の効能が得られるのではないか」と思うかもしれません。

 

では、より効率的なダイエットをするために、シボヘールと他のダイエットアプリを併用してもいいのでしょうか?
詳しくご説明します。

 

併用する時は成分の組み合わせに注意

併用して大丈夫かどうかは、含まれている成分によります。

 

シボヘールには、葛の葉由来のイソフラボンを始め、還元パラチノース、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素など様々な成分が含まれています。

 

この中の一つ、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ており、似たような効能を持ちます。

 

また、バストアップサプリに含まれるプラエリアも、イソフラボンと同様にエストロゲンに分子構造が似ており、同様に似た効果を持ちます。
そのため、どちらも摂取すれば累乗された効果が期待できると思うかもしれません。

 

ですが、実際には両方摂取することで成分の過剰摂取となってしまい、ホルモンバランスが崩れるという結果になってしまいます。
効果がプラスどころか、マイナスの結果になってしまうのです。

 

このように、含まれている成分同士の組み合わせが悪いと、体調が悪くなったり、本来の効果が期待できなくなってしまうなんてこともあるのです。

 

すべてのサプリメントが併用することで悪い結果になるわけではありませんが、組み合わせが悪い可能性もありますので併用はあまりおすすめはしません。
どうしても併用するのならしっかり成分を確認して、大丈夫か調べてから併用するようにしましょう。

 

サプリを併用する時の飲み方

サプリメントを併用する際はそれぞれの用法容量を正しく守って飲む必要があります。
どちらも試験した結果から判断した分量ですので、併用しているからといって自己判断で変えていいわけではないのです。

 

たとえ同じ成分が含まれていても、必ずそれぞれの用法容量を守りましょう。

 

また、シボヘール同様に運動や食生活の改善も必要です。
シボヘールはもちろん、飲むだけで痩せられるダイエットサプリメントはありません。

 

併用しても適度な運動とバランスのよい食生活を心がけましょう。

 

薬とシボヘールの併用は医師に相談してから

サプリメント同士の併用だけではなく、シボヘールと薬の併用でも同じことが言えます。
薬の成分とシボヘールの成分の相性が悪く、結果として両方の効果が出ない場合もあるのです。

 

また、効果が出ないだけならまだしも、場合によっては薬の副作用が出る恐れもあります。
症状の悪化はもちろん、場合によっては命に関わる可能性もありますので注意してください。

 

シボヘールと薬を併用する際は、必ず医師や薬剤師に相談し、併用しても大丈夫かどうかを確認してから飲むようにして下さい。

 

シボヘールは冷暗所での保存がおすすめ

シボヘールを保存する際は冷暗所で保管するようにしてください。
直射日光や高温多湿の場所で保管すると、温度や湿度の変化、紫外線などによってシボヘールが劣化してしまいます。

 

また、だからといって冷蔵庫での保存もよくありません。
冷暗所で保存に最適に思えますが、出し入れの際に温度や湿度が変化してしまい、それによって劣化が進む恐れがあります。

 

劣化したシボヘールは本来の効果を発揮できません。
シボヘールが十全に効果を発揮するために、保存方法にも気をつけましょう。

 

まとめ

シボヘールは用法容量を守れば、飲むタイミングの指定はありません。
朝食後30分に飲むことでより効果は期待できますが、それ以外のタイミングでも問題はありません。

 

それよりも、シボヘールを飲み忘れないことが大切です。
用法容量を守って、飲み忘れにくいタイミングで飲むことを続けましょう。

 

ただし、サプリメントや薬の併用には注意してください。
併用によっては意味がなくなったり、悪化する可能性もあります。

 

滅多にあることではありませんが、万が一が恐ろしいです。
併用する際は成分を確認し、体調が悪くなるようなら医師に相談するようにして下さい。

 

シボヘールは、用法容量を守れば天然由来の成分により安全に痩せることができます。
適度な運動とバランスの良い食生活を続けながら、スッキリお腹を目指しましょう。